さっぱりピーマン

中身のない2ちゃんねる系まとめブログ(できたて)

    NFT美術館はじめましたっ STEPNはじめましたっ

    藤井聡太

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    sports_syougi_taikyoku

    1: 名無しさん@おーぷん 22/05/09(月) 19:55:48 ID:rjAv
    ※ザ・ワールド「…」将棋盤を反対にする

    ワイ「時は動き出す…」

    藤井聡太「なっ…なにっ!?追い詰められていたのは僕だった…!?」

    ワイ「"詰み"ですよ?w」

    藤井聡太「僕の負けだ…」全身から七色の血を噴き出して倒れる



    これで勝てると言う事実

    【藤井聡太「はい、詰みです」ワイ「ザ・ワールド!時よ止まれ!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    sports_syougi_taikyoku


    1: 名無しさん@おーぷん 22/02/08(火)23:26:24 ID:pcpg
    審判団「キミ公共の場で何を!」 勃起しながら声が荒い

    ワイ「藤井さんって童貞?じゃあ、二回戦で」 なんと下着に手をつけ始める

    藤井聡太「う、美しい興奮しかしない・・・・・・・・」 フル勃起を隠せない

    【藤井聡太「王手」28歳おっさん ワイ「....」 いやらしく体をくねらせて服を脱ぎ始める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    sports_syougi_taikyoku


    1: 名無しさん@おーぷん 21/11/22(月)23:44:17 ID:PJne
    審判「ワイさんは素人なんでオリジナルコマを使ってもらいますよ」

    藤井聡太「え?は、はいそうぞ・・・・」

    ワイ「これなんですが」


    【龍の王(キングドラゴン)】 コスト★12 属性水
    ~4マス全方位に動ける。ターン終了後に範囲内2マスの駒を焼失させる!


    藤井聡太「なるほど(手強い・・・・!)」

    ワイ「あ、あとこれ・・・・・」

    【骸骨の兵士(アンデットソルジャーズ)】コスト★1 属性闇
    ~2マス前に進む


    藤井聡太「あ、やっべ(これは絶対に勝てない)降参します」

    ワイ&審判「やったぜ。」

    【藤井聡太「対局お願いします」ド素人ワイ「はい!こちらこそ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    sports_syougi_taikyoku


    1: 名無しさん@おーぷん 21/10/04(月)21:57:50 ID:ins9
    ワイ「棋盤ノッキング!!!!」ドグシャァッ!!
    (将棋盤を思いっ切り殴る)

    藤井「!?」

    ワイ「藤井くんの駒を“ノッキング”させてもらった…悪いがほんの数秒ワイの時間や。王手返し」パチッ

    藤井「うぐぅ!?!か、勝てるわけない…」失神する

    ワイ「やれやれ…」(カツ丼を食べる)


    これがワイの日常w

    【藤井聡太「王手。詰みです、ワイさん」ワイ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sports_syougi_taikyoku (1)


    1: 名無しさん@おーぷん 20/09/24(木)21:51:42 ID:YMD
    藤井聡太「く...ふっ...(こんなの対局に集中できないよ...///)」

    ワイ「んほぉぉおぉ❤ケツアクメくる❤出りゅうううううう!!!❤❤❤❤❤❤」

    これが現実

    【藤井聡太「ハンデはどうしますw」ワイ「じゃあケツにローター挿入で」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    sports_syougi_taikyoku (1)

    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)07:49:06 ID:JLa
    元日付の正月特集では将棋の藤井聡太七段×加藤綾子アナウンサー対談を担当した。

    約束の時間ちょうどに入室した主役と軽くあいさつ。
    さあ始めましょうかという段階になって、筆者は何気なくこんな質問を投げかけた。
    「藤井さん、今回は上座でいかがですか?」と。

    いやあ、特に他意はなかったんですよ。「あっ、いえいえ、下座で構わないです」という返事を想定したうえでの問いかけだったので。
    ところが、ここからが想定外。
    「そう…ですね……」と考慮すること3、4秒。「では…」と、上座に向かったではないか。

    え?

    筆者以上に驚いたのはカメラマンだったはず。当初の予定とは全く逆の構図になるのだから。大慌てでポジションチェンジ。右往左往させて大変申し訳ない。

    それにしても、なぜ藤井七段は上座を選んだのか。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/06/kiji/20190105s000413F2253000c.html

    【記者「藤井聡太くん、上座にどうぞ」 藤井七段「はい」 記者「えっ」】の続きを読む

    このページのトップヘ